スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

gnulotの色々iroiro

最近使うので、メモ程度に色々書いていこうかな。


最初はとりあえず一番使うであろうepsファイルの作り方。
1:epsファイルの作成モードにする
set terminal postscript eps
2:出力するファイルを設定する(hogeは任意)
set output "hoge.eps"
3:プロットデータを書く(今回はsin関数)
plot sin(x)
4:gnuplotを終了する
exit または q

これで完成したepsファイルがこれ(macのプレビューで見るとepsがpdfとなって出力されるみたいですね)
gnuplot01

次に、色付きの描画をしてみましょう。
色が付くと、他のプロットデータが一緒にあってもわかりやすいです。
1:epsファイルの作成モードにする(ここで色を付けるようにする)
set terminal postscript eps enhanced color
2:出力するファイルを設定する(hogeは任意)
set output "hoge.eps"
3:プロットデータを書く(今回はsin関数とcos関数)
plot sin(x),cos(x)
4:gnuplotを終了する
exit または q

これで完成したepsファイルがこれ
gnuplot02

とりあえず、これだけできればグラフの作成はできそうですね。
他にもたくさんできることはありますが、今回はここまで。
Have a nice math.(これ、どこかで使ってみたかったのよね)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

farCiel

Author:farCiel
自由気ままに楽しく書いていければ良いですね.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ß
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。