スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【LaTex】プログラムを載せるときに便利なもの【moreverb】

気づいたら、ブログの更新が一ヶ月以上空いてしまってました。
ガラポンのことを記事にしていなかったのが原因だった気がします。

さて、今回はLaTexを使って、プログラムのソースコードを綺麗に表示する便利なパッケージの紹介をします。

moreverbです。

使い方は
\usepackage{moreverb}
で使いますよ宣言をします。

・そのまま出力
\begin{verbatimtab}[タブの大きさ]
ソースコード
\end{verbatimtab}
タブの大きさはデフォルトで8スペース分になっているそうです。
自分は4スペースが見やすいと思っているので、[4]と書いています。
主に、インデントのところが当てはまりますね。
verbatim環境の強い版みたいな感じですかね。

・外部のファイルをそのまま使う
\verbatimtabinput[タブの大きさ]{外部ファイル}
外部ファイルを読み込んで、そのまま表示してくれます。
プログラムのソースとか、そのまま書いてしまえば、一発です。楽です。

・行番号付きの表示
\begin{listing}[何行おきに数字を付けるか]{最初は何行目?}
ソースコード
\end{listing}
そのまま出力の行番号付きも作成できます。
基本的には
\begin{listing}[1]{1}と書けば、一番上から1,2,3...と行数が出てきます。
自分は、プログラムの部分的な出力のときに使っています。
詳しく説明したいときとか、見やすくできるかもですね。
5行目から8行目まで書きたいのであれば、
\begin{listing}[1]{5}と書けば良いのです。便利〜。

・外部ファイルの行番号付き表示
\listinginput[何行おきに数字をつけるか]{最初は何行目?}{外部ファイル}
これがおそらく最強ですね。
プログラムのソースコードを表示する上で、一番楽なのではないでしょうか?

他にも使い方があるとは思いますが、プログラマな私が主に使っているのはこんな感じです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

farCiel

Author:farCiel
自由気ままに楽しく書いていければ良いですね.

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
amazon
アクセス数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
ß
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。